ZIGEN 口コミ

ZIGEN 成分

更新日:

ZIGENの成分

ZIGENはメンズコスメの中で、特に保湿力に優れたオールインワンゲルですが・・・

やっぱりどんな成分が含まれているのか気になりますよね?

ここでは、ZIGENの成分について詳しくお伝えしようと思います!

ZIGENの全成分がこちら!

ZIGENの全成分

ジゲン先生
ZIGENの全成分がこちらです。

水、グリセリン、プロパンジオール、アルギニン、ハマメリス水、グリチルリチン酸2K、タウリン、ロイシン、リシンHCI、プロリン、フェニルアラニン、ヒスチジンHCI、パルミチン酸レチノール、バリン、トレオニン、トラネキサム酸、チロシン、セリン、コロイド性白金、クロレラ/シロバナルーピンタンパク発酵物、グルタミン酸、グリシン、クエン酸、グアニル酸2Na、エゾウコギ根エキス、イノシン酸2Na、イソロイシン、アラントイン、アラニン、アスパラギン酸Na、アスコルビン酸、セージエキス、サボンソウエキス、ゴボウエキス、レモンエキス、オトギリソウエキス、ホップエキス、トウキンセンカエキス、ラウロイル乳酸Na、加水分解コラーゲン、セラミド3、フィトスフィンゴシン、セラミド6、水溶性コラーゲン、コレステロール、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、ピリドキシンHCL、セイヨウキズタエキス、オランダカラシエキス、白金、金、セラミド1、カプリルヒドロキサム酸、カプリリルグリコール、カルボマー、ラウリン酸ポリグリセリル-10、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、メントール、シメン-5-オール、BG、炭酸水素Na、セルロースガム

ZIGENの主な成分を解析!

ZIGENの副作用

ZIGENの全成分を解説していくわけにもいかないので、ここではメインとなる成分について紹介していこうと思います。

人型セラミド

セラミドは細胞と細胞の間にあって、肌から水分が蒸発するのを防いでくれるフタの役割を果たしています。

さらに、紫外線や大気汚染などの外部刺激から肌を守ることから、バリア機能に優れた成分といえます。

ZIGENにセラミド配合といっても、「天然セラミド」「合成セラミド」「人型セラミド」などがあるのですが、ZIGENの場合は「人型セラミド」にあたります。

人型セラミドは人間が本来持っていたセラミドの構造に近く、肌との相性が良いとされています。

保湿効果も高く、他のメンズコスメとは実感力が違います。

ヒアルロン酸

乾燥肌に効果的だと言われているヒアルロン酸。

肌表面から水分が蒸発するのを防いでくれるので、みずみずしい肌を維持することができます。

また、肌にハリや弾力を与えてくれる成分でもあります。

コラーゲン

コラーゲンは肌に潤いを与える保湿成分として有名です。

非常に肌馴染みが良く、効率的に肌を潤してくれます。

アンチエイジングケアできるので、老け顔対策やにきび痕などの肌荒れ防止にも効果的です。

プラセンタエキス

プラセンタとは『胎盤』を意味するのですが、そこには豊富に栄養分が含まれています。

角質層まで高濃度成分が行き渡り、肌を潤いで満たしてくれます。

ハマメリスエキス

ハマメリスエキスは肌の調子を整えてくれる成分です。

収れん作用もあるので、肌の引き締め効果に期待できます。

15種類のアミノ酸

保湿の源となっているのがアミノ酸で、体内では生成できない肌を整えてくれるのが必須アミノ酸の役割です。

7種類の必須アミノ酸⇒「リシン」「ヒスチジン」「フェニルアラシン」「パリン」「イソロイシン」「ロイシン」「トレオニン」

8種類のアミノ酸⇒「アルギニン」「グリシン」「プロリン」「グアニル酸2Na」「イノシン酸2Na」「グルタミン酸」「アスパラギン酸Na」「アラニン」

他にも、消臭成分や消炎成分などが配合されていました。

ZIGENに副作用の心配はある?

ZIGENの副作用

ZIGENは「無香料」、「オイルフリー」、「アルコールフリー」、「パラベンフリー」なので、敏感肌でも安心の低刺激タイプのメンズコスメです。

なので、ZIGENで副作用が起こる可能性は極めて低いと言えます。

ただし、万が一「赤みが出た」「肌に合わない」と感じた場合は使用を控えましょう。

 

ZIGENの成分については以上です。

ZIGENを使って見た目から清潔な男性を目指しましょう!

こちらの記事もよく読まれています

Copyright© ※ステマ&やらせに騙されるな!【ZIGENの本音口コミを暴露】 , 2019 All Rights Reserved.